お問い合わせ

遺言の種類は?

ホーム遺言の種類は?

遺言の種類は?メリット デメリットとは?

遺言の種類は普通方式3種類と特別方式2種類があります

普通方式とは日常生活で遺言の作成に該当するものです。特別方式とは普通方式をする事が出来ない特殊な状況下で作成するものです。

このページでは普通方式に的を絞って紹介したいと思います。

普通方式には上記の通り三種類あり 自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言があります。 まず自筆証書遺言とは読んで字のごとく自分で書く物です。全文 日付 氏名を必ず自署し押印する方法です。   公正証書遺言とは証人2人の立会いの下公証役場にて公証人が遺言者の意志を文書にして作成する方法です。  秘密証書遺言とは遺言者が署名・押印した遺言書を封筒に入れ同じ印で封印し、公証人・証人2人の前に提出し、自己の遺言であると証明してもらう方法です 次はそれぞれのメリットデメリットですが

・自筆証書遺言 メリット

遺言の内容・存在が秘密に出来る。

証人の立会いが不要。

作成費用が不要。

 ・自筆証書遺言 デメリット

字が書けなくなった人は利用できない。

要件不備により無効になるおそれがある。

偽造・変造・紛失・隠匿・不発見のおそれがある。

家庭裁判所の検認手続きが必要。

・公正証書遺言 メリット

公証人が作成し、原本が公証役場で保管されるため

変造・紛失のおそれがない。

家庭裁判所による検認手続きが不要。

遺言者の死後、遺言の存否が調査できる。

 

・公正証書遺言 デメリット

作成に証人が必要。

作成に若干の費用が掛かる。

・秘密証書遺言 メリット

遺言の内容・存在を秘密に出来る。

・秘密証書遺言 デメリット

変造や紛失のおそれがある。

相続発生時に遺言書が見つからないおそれがある。

要件不備による無効、内容のあいまいさにより紛争に発展するお

それがある。

若干の費用がかかる。

 

内容について検討した上で専門家の助けも借りながら普通方式での遺言を残しておくことをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ